腰痛改善に効果的なストレッチとは

寝ながら出来る腰痛体操ストレッチをお教えします。

 

 

重い腰、朝起き上がるのが辛い腰・・・。

 

そんな痛み、不満感を取り除く腰痛体操をお教えします。

 

ポイントは寝ながら出来る!です。

 

腰の痛みで激しいストレッチはなかなか取り入れにくいですよね?

 

今回は寝ながら出来る腰痛体操ストレッチなので、一つでも取り入れてくれたら朝の寝起きが変わるかも!

 

 

 

寝ながらコブラ

 

気持ちのいい布団にうつ伏せになります。

 

両足は肩幅程度に広げ、両手は胸の位置に横に置きます。

 

腕の力を使って、上体をゆっくり起こしましょう。

 

息をゆ〜っくり吸いながら、力は腕にかけて、でも腰の気持ちよさをしっかり感じるようにしましょう。

 

痛みがひどい時は、まず首だけ持ち上げるような気持ちで、だんだん慣れてくると自然と上体が起きるようになります。

 

腰の筋肉を動かす動作ですが、腰回りの筋肉をほぐしてくれるので腰痛改善にはもってこいです。

 

 

 

 

赤ちゃんポーズで腰痛改善

 

コブラの態勢から、ゆっくり仰向けに変えましょう。

 

仰向けに寝て、両膝を立てラクにします。

 

そして立てた両膝を抱えるように、両腕で持ち上げましょう。

 

その腕を、息をゆ〜っくり吐きながら胸へ胸へ近づけます。

 

気持ちよく感じるところでキープ。

 

ゆっくり元の態勢に戻し繰り返します。

 

この時、腰が伸びて気持ちいいと感じることと、プラス効果を望むなら、お腹に意識を起きましょう。

 

お腹をへこませながら行うと、腹筋効果有り!

 

 

 

 

効果抜群!ダウンドック

 

効果テキメン!これをすると腰以外の体中全てが伸びてるように感じます。

 

まず、四つん這いのポーズになります。

 

この時、お腹をへこませ背中が突き出るような姿勢から、一気に肩を落とし息を吐くというウォーミングアップを入れましょう。

 

では本題。

 

四つん這いの上体の両手を、前へ前へ伸ばします。

 

腕を真っすぐしっかり意識します。

 

そしてその態勢から、お尻を天上にピンと持ち上げます。

 

 

戻す時は、膝をゆっくり落としてから、両手も戻しましょう。

 

 

腰痛改善ストレッチを更に詳しく知りたい方は、福辻式腰痛改善法がオススメです。

 

 

福辻式腰痛改善ストレッチは、腰痛に悩んでいる方には、おすすめのストレッチ法です。

 

 

 

まとめ

 

腰痛改善は寝ながら取り入れられます。

 

痛みのひどい時に、少しでも楽に取り入れられることが分かれば、明日の痛みは軽減されているでしょう。